Member

やまとわのメンバー

Memberメンバー

  • 中村 博代表取締役/職人

    中村 博

    郵便局員を経て木工職人の道へ。
    実家は、南アルプスを遠望する高台。東に広がる伊那谷の雄大さの中で育ちました。
    もともとは美容師に憧れていたのですが、時代は就職氷河期。 安定した職業として公務員になることを勧められ、郵便局員になる道を選びましたが「自分で形あるものをつくり出したい」という想いから、高遠町の木工職人さんのもとに29歳で弟子入りしました。

    「木を使わなきゃ」
    南アルプスを眺める暮らしを求め一度は離れた地元に家を構えた私は小さなころ遊んでいた森に入ります。あの頃とは全く違う真っ暗な森がそこにはありました。
    暮らしから離れた森には真っ直ぐ育った木は少なく細くて曲がったものばかり、細い木でも曲がった木でも私たち職人なら木製品を作ることができる、職人の技があればこの森を元気にできると思いました。「地域の木で作った品を私たちの暮らしの中に届けたい」そう思いが湧き上がったことを覚えています。
  • 奥田 悠史企画室 室長

    奥田 悠史

    三重県伊賀市出身。大学在学中に休学して1年間かけてバックパッカーでの世界一周を経験。
    旅を通じて世界中の悪と優しさに触れた。フィンランドでカメラを盗まれ、スペインではニセ警官にカードを盗まれる。悔しすぎて、バルセルナの宿でまくらを濡らした。そのときに聞いた「谷川俊太郎」の詩「生きる」が心に刺さりすぎて、旅を続けた。世界中で、いろんな人が“生きる”姿に触れるたびに、その姿を伝えることに興味を持つ。
    信州大学での専攻は森林科学。木の年輪を研究テーマに(バームクーヘンの層を数えるようなイメージ)して、木の気持ちを伝える卒論を書いたのち、人の営みを伝えるライターを目指して、編集プロダクションに就職。
    やまとわでは企画のディレクションやアートディレクター・写真等を担当。
    「木のまちづくり。いのちのまちづくり」をテーマに活動中!
  • 向山 遼業務部 総務

    向山 遼

    1987年4月13日 東京都目黒区のとある病院で生まれる。
    7歳の時に調布市に引っ越し、26歳まで東京都で暮らしていた。
    高校から大学2年までずっとダンスを続け、イベントなどにも出演していて、人前に立つことに関しては緊張がほとんどない。
    そんな経験もあってか、仕事ではプレゼン発表を行うことが好き。しかし、誠に残念なことに資料作成するための必須スキルである脳に力が無い。
    感性を磨きたく「やまとわ」で、人との繋がりや自然との共生を学び、人間としても成長していくために日々、精進していきたく存じます。
  • 滝田 渉業務部

    東京都出身。大学から名古屋に移り、その後、東京→大阪→名古屋→東京と拠点を移していたが、昼夜を問わないハードワークに疲弊し、家族との時間がとれない生活に悩む。
    趣味の登山に癒しを求める中で、山や木に囲まれた中で家族と暮らすことへの思いを強くし、日本百名山が二十九座ある長野県への移住を決断する。
    移住に際し、「山や木に携わる仕事を」と木こりを志した結果、やまとわに出会う。その理念に共感し、メンバーとなる。
    日々の業務に取り組みつつ、木こりの修行中。
  • 榎本 浩実森事業部

    大阪府富田林市出身。食べること、木と触れ合うことが何よりも大好き。
    (最近は、森にある食べられる植物を食すことに夢中です。)
    里山文化と森林の関りを学びたいと長野県木曽町にある林業大学校へ進学。卒業後は、同町の地域おこし協力隊として「ふるさと体験館きそふくしま」を拠点に郷土食体験の指導等に携わる。
    「生命の源である森の価値をポジティブなものに変えていこう」という理念に心惹かれ、任期終了後にやまとわへ入社。現在は森事業部に所属し、KOA森林塾の事務局を担当している。森林塾講師の早川清志氏から、山仕事の技術を教わる日々。「暮らしの中に山や森がある」、そんな未来を目指して日々奮闘中。
  • 久保田 真理子木工事業部 職人チーフ

    久保田 真理子

    1982年、駒ヶ根市で生まれ育つ。
    紆余曲折を経て、31歳の時、ものをつくる仕事がしたいという思いを叶えるべく技術専門校へ入り、1年間、手仕事、家具づくりを学ぶ。
    技術専門校在学中、1年間で作った製作品の展示即売会で中村社長と出会い、地域材を使った無垢のオーダー家具、木工品づくりに魅力を感じこうあ木工舎へ。
    マイペースな性格ですが、一緒に仕事をする仲間を通して出会うたくさんの方から、日々新たな刺激を受けつつ、家具職人への道を邁進中です。
  • 大場 直人木工事業部 職人

    大場 直人

    1994年、5人兄弟の末っ子として生まれ、高遠の地に育つ。
    県外の高校へ進学し、寮生活を経験。多くの友達やその生き方に影響を受け、大人たちとも心から向き合えるようになった。卒業後、心に浮かんだのは“山”と“木”のことだった。
    木を扱うことの基礎を一年間学び、運、人の縁、そして優しさに助けられ、今は願ってもないような環境で地元の木で物を造るという仕事をさせてもらっています。
  • 當房 こず枝木工事業部 職人

    當房 こず枝

    熊本市出身。
    地元の大学を卒業後、企業に就職。
    9年間おとなしく働いていたものの一身発起し、家具製作を学ぶために長野県へ。
    上松技術専門校で基礎を学び、縁あって社長に拾われる。
    電気、水道、ガスのない空き家で126日間暮らしたことがあり、環境への適応力に定評がある。
  • 星野 京子木工事業部 職人

    東京都出身。下町に生まれ、父親をはじめ近所の職人の働く背中を見て、職人に憧れて育つ。
    服飾系の勉強をした後、様々な仕事を経験している中で伊那谷の自然と風景、そこに住む人々に出会い、魅了され移住。伊那で暮らす中で木工の魅力に気づき、木工職人になるべく技術専門校で 1 年間木工の基礎を学ぶ。
    卒業後県外で 10 年間木工の修行をし、伊那谷の地域産木材とパクチーの普及の為に再び伊那へ舞い戻る。
  • 吉田 かおり木工事業部 ディレクター

    東京都出身。転勤族の家庭に生まれ、幼いころから都市部を中心に転々とし、高校時代は海外で過ごす。
    大学卒業後はIT系、シェアハウス、ログハウスのメーカーと様々な業種を経験。結婚・出産を経て、自然豊かな地で暮らしたいという想いが膨らむ。縁もゆかりもなかった伊那谷だが、雄大な自然と人のあたたかさに魅了され、直感で移住を決意。
    家具づくりを通して「森と暮らしをつなぐ」。そんなこと目指して、子育てしながら奮闘中。
  • 御子柴 貴大農業事業部

    1988年3月、箕輪町生まれ。高校卒業と同時に就職で愛知県に引っ越し、一人暮らしを始める。基本的には外仕事が多かったが、様々な業種を経験できたことが今の自分を創っていると思う。
    2016年再び地元に戻り、2017年からやまとわのメンバーに。
    「木のこと、森のこと、人のこと、農のこと、食のこと、動物のこと、心のこと、生きること。」生きていくために必要な色々なことがギュッと詰まった「やまとわ」で、自分にしかできない「何か」を見つける為に日々修業中。
    趣味は、登山(行けていない)・アメ車(持っていない)。