森の鍋敷き

 漢字の「森」をイメージしてデザインをした“鍋敷き”。

この鍋敷きは、切れ込みを入れた木と木をはめ込む伝統的な技法「組木細工」でつくっています。伊那谷で育ったアカマツ、サクラ、ナラ、クリ、クルミ、キハダを組み合わせて「森」の字を表現し、1つ1つ丁寧に組み上げました。