森事業

森と暮らしをつなぎなおす

森事業森をもっと面白く

森とまちをつないでいくために私たちができること。

今、森と暮らしは少し遠いものになってしっています。
森に入るというのは簡単なことではありません。
もっと気軽に森に入れるように、
そして、森と暮らしを近いものにしていくために、
森事業部は森を面白くしていきます。

KOA Forestry SchoolKOA森林塾

山をデザインし、森をデザインする。

あなたの森林に対する思いを一歩進めてみませんか。
山をデザインし、森をデザインし、少しずつ手入れを初めて
自分のまわりの森林を再生させてみませんか。

KOA森林塾では、老若男女、経験のあるなしを問いません。
ぜひあなたも楽しい山造りに一度参加してみてください。

KOA森林塾のねがい

  • 1. 地域の小規模山林主に山造りの基本的な考え方と、基礎的な技術を身につけてもらい、 自分の山を十分に手入れしてもらいたい。
  • 2. 地域内外の山をもっていない人にも、山造りの基本的な考え方と技術を身につけてもらい、必要なときや要請を受けたときに、それを生かして山造りをしてもらいたい。
  • 3. 地域や日本の森林の現状や施策を、関心のある人に知ってもらいたい。
  • 4. 誰もが山に入り山の手入れをする。その楽しさと素晴らしさを知ってもらいたい。
  • 5. 森林の問題を通して、今の自分たちの生活を見直す機会をもってもらいたい。

山仕事は決して難しくない

山仕事は決して難しいものでも、お金がかかるものでもありません。多少の技術としっかりした考え方を身につければ、初心者でも休日を少し使って、山造りを始めることができます。
1994年から開催されているKOA森林塾では、山造りを実践を通して指導しています。山林主の方はもちろんのこと、木が好きな方、森が好きな方、一緒に山仕事で汗を流してみませんか。

あなたも今日から森林人

KOA森林塾はこれまでに全国から600名を超える方にご参加いただきました。なかには、地元に帰り仲間を集めボランティアで公有林の手入れを始めた方や、自分で伐った木で小屋を作った方なども多いです。
今、私たちが森を育むことで子供たちにも、自分たちが子供のころしたように、木に登ったり、川で泳いだり、そんなことをさせてあげたいと思います。できれば私たちが住んでいる街のその裏山で、その脇を流れる川で・・・・。